演奏・表現をすることが必須のタイプの人がいる

メッセージをいただきました
 
 
橋本さま 初めまして。 今日、たまたま「日本国際ヒーリングピアノ協会」のサイトに出会い、こちらのFacebookもフォローさせていただきました。 私事ですが、幼少より20年近くピアノに関わって来たものの、3.11以来色々と心理的な葛藤があり、鍵盤から遠ざかっていました。 動画など拝見して、私の経験・資質などがこの上なく良い形で生きるのではと希望を見出した思いでいます。 創作表現タイプとエネルギーの自家中毒の箇所は、ピアノを弾く時ほどの大きなエネルギーを動かせる活動は他にない・・・としみじみ感じていた通りですし、読んだ本から旅の思い出、喜びから絶望に至るまで、どんな経験・感情も音楽表現においては糧になると常々実感していたことは、まさに「ヒーリングピアノ」のコンセプトに合致すると感じます。 長々と書いてしまいましたが・・・ 引き続き協会サイト、Facebook等拝見し、私の新たな方向性としてじっくり検討させていただきたいと思います。 どうぞよろしくお願いいたします!
 
 
******
橋本翔太お返事
●●様 丁寧なメッセージをありがとうございます、また僕のサイトを見つけてくださり感謝申し上げます。私は福島出身で、震災以降のショックは相当でして、吉田さんの心中、お察しいたしますし、共鳴します。 僕たちは、結局、演奏、表現をしていかないと、かえって体調のバランスをくずしてしまう、逆に言えば、演奏表現によって、本来の自分を取り戻し、その結果人生そのもの、人生のどの分野も輝かせることができる、そんな種類の、そんなタイプの人間なんだと思います。 どうぞ、こちらでもよろしくお願いいたします
 
橋本翔太 
 
橋本翔太 facebook www.facebook.com/shotahashimoto.music
 
 
 

ピアノ修得は王道がいいとは限らない。今からでも遅くない!

先日、ピアノの恩師、現代音楽の矢沢朋子先生の新しいアルバムの発売コンサートがあり、渋谷タワレコへ行ってきました。
756079FA-DE36-4D8A-B8C0-02E2EE900F09.jpg
矢沢先生に出会えていなければ、僕はピアノがここまで弾けるようにはなりませんでした。
教育学部の音楽科とはいえ、周囲はクラシックを子供の頃からはじめた子ばかり。僕は福島から出てきたばかりの田舎者で、ピアノは簡単なバッハ一曲しか弾けない有り様。
致命的にピアノをはじめるのが遅く、なんの技術もない福島から出てきた僕がご縁で矢沢先生にピアノをならうことになったあの日、「何を弾きたい?」ときかれ、バッハのインベンション一曲しか弾けなかった僕は、「ええと、、、ショパンのバラード、、、とかですかね、、」と無い知識をふりしぼって答えたんです。
 
 
先生はしばしの沈黙のあと「今からバイエルとかショパンとか弾いてもね、、、」と優しくたしなめ、「こんなのどう?」と勧めてくれたのが、ウィリアムダックワースのタイムカーブプレリュードでした。(僕が弾いたその曲は、→矢沢先生のこのアルバムの8曲目です。試聴できます。) ここが運命の別れ道でした。
 
 
ミニマルミュージック(小単位の繰り返しで少しずつ変化していく音楽。)のこの曲は、今のヒーリングピアノ曲でも多いに影響をうけていて、とにかく、かっこいいし、弾き栄えするし、周りの子からも、その曲何? いいね! といわれて嬉しいやら楽しいやら。それをきっかけにして、ピアノの基礎も含め身につけていくことができました。
 
でも最初からバイエルだったら、まちがいなく嫌になって続かなかったと思います。王道が、正解とはかぎらないんですね。
92CFAA8B-0ABD-487B-B3F4-DFD7BC8DC6AB.jpg
先生は周囲とかぶらない、かつ演奏栄えする曲をいろいろ教えてくださり、それによって萎縮することなく堂々とピアノに触れることができ、それが自信へとつながったのでした。
周囲と比べてここで萎縮しなかったことが、今の僕のスタイルを築くことにつながっています。
ここでお伝えしているヒーリングピアノメソッドも同様です。難しいテクニックなしで、心や身体をいやすためのピアノを奏でることはできます。そしてあなたのオリジナルヒーリングピアノだって奏でることができます。遅すぎるということはないのです。 確かに、ショパンやドビュッシーを弾くのは、小さいころからはじめていること、基礎が大切です。 しかし、ピアノの世界はクラシックだけではありません。王道を行かなくても、ピアノで自分自身を表現できるし、誰かを包み、感動させることもできるのです。 ヒーリングピアノはそんな、今からでも大丈夫かな、自分なんて、いまさら、、、できるわけない、そんな思いを払拭してくれます。クラシックで評価を得ることはむずかしいですが、ヒーリングピアノなら、あなたのまま、あなたらしさが作品になり、演奏になるので、他と比べる必要があいのです。 先生の新作はこちら! 矢沢朋子ピアノ・ソロ Absolute-MIX:Amazon.co.jp:CD
822050E9-F3C9-4D80-8C3E-69841D687161.jpg


あなたの曲も世界配信へ 花の流れ 雲の流れ 命の流れ

日本国際ヒーリングピアノ協会では、

ピアノを通して、自分の過去や不安や悲しみ、を昇華させ、

表現することで、創作することで、自分自身を取り戻すためにピアノのスキルを身につけます。

 

あなたの演奏は、あなた自身を癒やし、

そしてあなたの周囲を癒やし始めます。

あなたと同じ思いや悩みを抱えた人たちの心に、

あなたの奏でる音楽が共感、共鳴していくのです。

そしてそれだけではありません。

現在のインターネット環境を駆使しして、世界配信へとつなげます。

 

あなたがこの世からいなくなっても、作品は残り続けるのです。

 

日本国際ヒーリングピアノ協会では、そんなことも可能にします。

以下は講師oyakata先生の作品です。イラストと師もoyakatanによるもの。

これはひとつの例ですが、こんなふうに、貴方自身を、この講座で表現してみませんか。


滝廉太郎「花」がこんなにおしゃれに。 知っている曲も、アレンジできる!

日本国際ヒーリングピアノ協会では、ヒーリングピアノの作曲スキル、だけではなく、

表現を通して自分自身を開放していくために、ご希望のかたには自分の大好きな曲をアレンジして弾くレッスンも、

おひとりおひとりに、あわせてご提供します。

 

 

まさにこれからの花見の季節の、優雅な流れをうたった、

中学校の音楽でもならう、滝廉太郎の「花」も、

講師oyakata先生の手にかかるとこんなボサノバテイストに。

表現の幅が、あなたの人生の幅を広げます。


ピアノを弾く、今までとは違う新しい喜びをみつけました。

ご質問、感想いただきました。環境のデトックスは、ピアノ上達にも、実は関わってきます。
詳しくは、著書【あなたをうるおすピアノレイキ】もしくは、ナチュラリングファーストノート をご参照ください。www.reiki-de-kirei.com/naturaling/index.html

ナチュラリング・ファーストノートを受講している Iさん から

*********

橋本翔太さま

質問させていただきます。

実家住まいで、小中学校時代の同級生からいじめにあっていて、
そのいじめをしてきた同級生がまだ近所にすんでいて嫌な気分になりやすいです。
環境的に引っ越しなどできない場合はどのように環境デドックスすればいいですか?

よろしくお願いいたします。

 

 

**橋本回答)*******

お答えしますね。テキストにもありますが、とにかく、大モノは、最後に考えることにして、
今できるものから処分していってください。

引っ越しは無理でも、家の中、部屋の中にある、当時のいじめを思い出につながるようなものは処分してしまいましょう。

わたしは図工の時間や国語の時間につくった、自分の作品や作文をのぞいて、小学校時代の教科書から卒業アルバムまで、すべて処分しました。

いきなりでなくていいので、少しずつ、とりくんでみてください。
今デトックスできるものを、デトックスしてから考えるようしましょう。
今できるデトックスの後に、気づくことがでてきます。そしたらまた、それを実行しましょう。

橋本

 

 


**(お返事)**************

こんばんは。橋本様

ナチュラリングを開始して、一ヶ月たちました。
気分の面で落ち着いてきました。

セカンドの恋愛面というのを注文するのには、
ナチュラルリングを一年やってそれからセカンドの恋愛面に進むほうがいいんですか?

まだまだナチュラリングの基礎をやらなければいけないとは、思いますが、いつごろセカンドに進めばいいのか教えていただきたく、ご連絡させていただきました。

よろしくお願いいたします。

**(橋本回答)*****

こんにちは、橋本翔太です。
いえ、どんなタイミングでも結構ですよ。

ご自身がとりくみたくなってきたときに、ぜひ、取り組んでみてください。
また、ファーストも一度やったら終わり、ではなく、セカンドをやりながら、
ときどき見直されることをおすすめいたします。

また何かございましたらご連絡くださいませ。

橋本翔太

 

 


**(お返事)*******

ありがとうございます。自分がやりたいと思ったら受講しようと思います。
ピアノも習っているので、楽譜を見て、ヒーリングピアノもやってみようと思います。

子供時代は嫌々ピアノを無理矢理習わされていたのに大人になって再度習う幸せ、

ピアノの音色に癒される幸せ、

保育士として子供の心を満たせるピアノが弾けるようになりたいと子供の頃と違いピアノが好きになりました。先生のピアノにであったおかげです。お体に気を付けてお過ごしください。

*****

Iさん、ご質問ありがとうございました。
ナチュラリング、ヒーリングピアノ、ともにみなさんのお役に立てれば幸いです。

 

 

 

 

 

 


「今から本当に作曲ができますか、ピアノで自分を表現できますか?」

よくある質問 「今から本当に作曲ができますか、自分を表現できますか?」

回答 「今、はじめなかったら、この先も、表現もピアノも作曲もできません。そしてそれで重ねる年の数は同じです」

 

*****

【やればできる】という逃げ道と麻痺

 

最近は見なくなりましたが、12~15年くらい前は、新宿あたりを歩いていると

「すみません、手相の勉強しているんですが、あなたの手相みせてもらえませんか?もちろん無料です」

と声をかけてくる人がまだ結構いました。

僕も学生時代に、親切心から見てもらった事があります。

要は街頭キャッチです。あることないこと、いわれて、不安をあおられて、

自己啓発セミナーとかあやしい宗教とかに勧誘されるわけですが、

そこでの、決まり文句、って何かご存知ですが?

もれなく僕もそのときにはっきり言われたので余計に印象ふかいのですが、

「あなたは、もっとできるのに、やればできるのに、実力を発揮できていませんね」

と言われるんです。そして、この言葉に、「いいえ、全力でだしきってますけど」

なんて反論できる人は、ほとんどいません。

なぜなら、多くの人が、もうおそらく99%の人が、もっとできるのにやっていない、

わかっているけれどやっていない、やればできるんだけどね。

と思っているからです。(なお、このような事を得意気に言ってくる占い師やヒーラーは、関わるのをやめましょう。

 人間である以上、だれもが、この感情を多かれ少なかれ抱いており、誰にでも当てはまることで別に特別なことじゃないんですから)

 

 

 

■なぜ、みんなに当てはまるのでしょうか。それは、人間にとって一番、こわくて、かなしくて、立ち直れないのは、

やったのにダメだった

全力を尽くしたのにうまくいかなかった

本気で努力したのに手に入らなかった

という状態です。

叶わない、手に入らない、という現実を突きつけられる上に、もう全力でやっていますから、

いいわけも逃げる事もできず、すごいショックをうけることになります。

言い方を変えると、

やればできる

いつかできる

本気になればできる

やってないけど、いつかやれば叶う

というのは、傷つくのを回避するための逃げ道なんです。

やればできる、という言葉で、自分の自尊心が傷つくのを防御できるわけです。

つまり、誰もが、自分の可能性を残しておきたいんです。

言い方を変えると、自分の可能性を知るのが怖い。だから、やればできるんだけどね、と言って逃げてしまう。

オーディションを受けて落ちてしまうよりも、受けもしないで、受ければ最終選考までは残ると思うんだけどね~って言っている方が気持ちがいいんです。

転職活動をしないで、その気になったら、何社かいいところが見つかるとは思うんだけどね~と言っている方が、楽です。

色々準備が整ってからやろうと思うんだ、と先延ばしにしているほうが、傷つく事も先延ばしにできます。

いつかやろうと思っているんだけどね、といいながら、いざ、そのときがきても、自分の限界を知るのが怖くて、また先延ばしにしてしまうんです。

ですから、本当に多くの人が、チャンスがきても、いざ、やることができる機会がきても、

それをやりません。

やってみて、もしダメだったら、すごいショックで傷つくのをわかっているから。

【やればできるんだけどね】 という、曖昧な状態が一番心地いいからです。

麻薬みたいなものですね。

【やればできるんだけどね】といえば、現実から逃避できますし、気持ちもよくなります。

だって自分はやればできる、そんな力のある人間だ、と今は思う事ができますからね。

そうやって、やればできる、その気になればできる、いつかやればいい、という言葉でごまかしていくうちに

年をとっていきます。

やってもできなかった。

やったけどダメだった。

これは本当にキツイ。苦しいことです。

でも、

やればできる、 という 幻想でごまかして、逃げて、年をとるのと、どっちがいいのか。

僕が新宿であのとき声をかけられたウサンクサイ手相の人のように、

あなたはやればできる人なんだけど

なんて、自分にいいきかせて、逃げていませんか。

本当にやればできるかどうかは、やってみないとわかりません。

そして、やってみてだめだったとしても、そ子で初めて見えてくる景色や気づきがあります。

みなさんは、表現に関して、ピアノに関して、そしてこのサイトの講座に関して、

いつかそのうち

やればできるんだけど

といって、自分の可能性を知るのを怖がっていませんか?

やればできるんだけどね、と思うのは、今は気持ちがいい麻薬みたいなものですけれど、

やがて年齢をかさね、もう、どうやっても、やればできる、といえなくなったときに、

ものすごい後悔と失望に襲われます。

本当にできるかどうかはやってみて、わかるものです。

そして、やってみた先には、できようが、できまいが、今とは違う、次の新しい景色が見えてくるのです。


ヒーリングピアノ 作品例

ヒーリングピアノとはどんなものなのか。
どんな曲がつくれるようになるのか。

基礎はおさえつつ、
みなさんの個性や思いを汲んでの、マンツーマンでの指導になります。
以下は講師oyakata先生の作品です。

みなさんなら、どんな思いをメロディにしていきますか。
一緒に自分から紡ぎだすメロディをさがしてみませんか。

youtu.be/seHB18DIcA8


季節は過ぎて、やがて手遅れになる。ヒーリングピアノ講座を迷っている方へ

■季節は過ぎて、やがて手遅れになる。 ヒーリングピアノ講座を迷っている方へ

橋本翔太です。

先日、久しぶりに、ダンスのジャンルのひとつである、ハウスのレッスンを受けてきました。
一時期、かなりダンスにはまっていて、毎週レッスンを受けていたんです。

楽しくて楽しくて。

それで先日、もう8年ぶりくらいに、同じ先生のところを尋ねていって、
あの当時と何もかも変わりなく、ハウスを踊ったわけですが、

あれ。
なんだかあんまり楽しくない。

いや、楽しいんですけど、あのときのような、心から湧き上がる高揚感がやってこない。

ちょうど、子供の頃、その日思いついた遊びがすごく面白くて、暗くなるまで遊んで、すごい楽しくて、
明日も同じ遊びをしようと心に誓い、いざ次の日になって再開してみると、

もう前日の高揚感は二度とやってこなかった、あんな気持ち。

■時が流れてしまったんだと、思いました。

大好きだった歌手でさえ、
そこまで大騒ぎするほど好きなわけではなくなってしまった。

というように変化する日が、大人になるとやってきます。

仮に、今、興味をもっていて、やりたい!と思っていることでも、
いつかやろうと思って先延ばししているうちに、もうそのことへの興味が薄れてしまう日が来るんです。

■これが、年をとる、ということなんだとわかりました。

今ある情熱は、好きなことは、この先も続くだろうと思いがちですが、
好きなことでさえ、興味があることでさえ、やがて年齢とともに、その情熱も過ぎ去っていくのです。

情熱があるうちに、はじめたこと、そして続けてきたことは、年齢を重ねてもきっと残るでしょう。
でも、

鉄をたたく時期、鉄が熱い時期を逃すと、もう、やりたい、という気持ちすら流れてしまい、
一生、そのチャンスが戻ってくることはないのだと実感しました。

■本を出版して、仕事がすごく充実してきて、そこに引越しも加わったため、
ハウスのレッスンを8年も通わなくなってしまった。

その間も、機会があるごとに、やりたいな、再開したいな、と思いつつ、
いつかそのうち、といって、再開しなかった。

そうこうするうちに、時は流れてしまったようです。
あのまま続けていれば、きっと今も楽しめたはずなのに。

特にダンスのような身体系の技術は、加齢とともに、限界が近づくため、
8年前よりも、習得が難しくなっているのは当然です。
習得が難しければ、やる気が落ちていくのも当たり前ですよね。

なにより、一番かなしいのは、ダンスへの情熱が、過ぎ去ってしまったことに気づいたこと。
情熱さえあれば、それでも続けることができるでしょうけれど、

もう、その情熱がなくなった今、また毎週ダンスのレッスンへと通う気持ちが、
わいてこなくなっていることに気づきました。

+++++++

今、ピアノの講座を受講するか迷っている方に問いたいのですが、
いつかやろう、と思っているうちに、もうその時期すら消えて、
二度とピアノをやろうなんて思わなくなる日が来ます。

情熱って時の流れととともに、失われていくんです。

いつかそのうち、なんて、繰り返して、年をとります。
そして、いつかそのうち、がやってきても、僕のように、もう、あのときの情熱は過ぎ去っていたときづくんです。

結局ね、いつかそのうち、やろう、なんて思っている人に、
そのいつかそのうちはやってこないんです。

ピアノだって、若い方が、指の動きや、作曲技法の覚えがいいのは当たり前。
そして、今が人生で一番若い。

僕が当時ダンスをはじめたときは、それでも10代からはじめている子よりはずっと遅く、
いまさなら~と思いながらも、情熱があったので、それなりに上達しました。

そして、今、あの頃を思い出すと、当時の僕は、若かった。当たり前ですけどね。
あのときは、もうこんな年ではじめても、と思ったけれど、

あのときはじめてよかったんです。
だって、今よりもずっと若いんだもの。

■ピアノもね、はじめるのを先延ばしにするほど、チャンスも情熱も逃げていきます。
一生の付き合いになるかもしれないタイミングを逃してしまうと、
あとは一生関わらないまま終わるんです。

加えて、このヒーリングピアノの講座ですが、
完全マンツーマン指導なので、指導できる人数に限界があり、

この先いつでも受講できることは保証できない状況です。
実際今も、ありがたいことに、いつも定員ぎりぎりのところで、レッスンをしています。

(★すでに受講中・受講済の方のサポートは続けていきますので安心してください。新規受講の場合の話です)

■いつかきっとそのうち、というのは、この先も興味関心がある、というのが前提です。
しかし、加齢とともに、人はエネルギーを失っていきます。

新しいことをはじめるエネルギーは、今日が一番あるはずなんです。

僕のダンスの例のように、みなさんにも後悔してほしくないので、
今日はこんな文書を書きました。

いやほんと、愕然としたんです。いつかそのうち、がついにやってきたのに、
肝心の身体がついてこない、心がついてこないのですから。

ヒーリングピアノ講座、迷っている人は、申し込んでください。
あとあと後悔しないように、
それだけ、心に留めておいていただけたらと思います。

piano.reiki-de-kirei.com/


映像作品には、ご自身で撮影した写真も使ったり

たとえば、このようなイメージシーンと、作曲した曲を重ねて世界発信します。
写真のセレクトは、ご自身で撮影したものを使うことも可能です。

映像に使う写真までも、ご自身で創作していただくことで、
より、作品としての個性、精度がたかまります。

iTunes
itunes.apple.com/jp/album/zen-piano/id642618559?ign-mpt=uo%3D4

+++++++++++++++

上記の作品はゼンピアノモンクスによるものです。
ゼンピアノモンクスとは?
日本国際ヒーリングピアノ協会 講師によるユニットです。

世界初、禅の世界とピアノが織りなす新しいヒーリングピアノ
日本の文化の中で育まれた「禅」の、思想、価値観、世界観とピアノが融合して生まれた­ゼンピアノ

日本の文化が培ってきた、シンプルでおだやかな空気感、
調和の中で凛と生きていくこと、和と優しさの精神、
これが音に紡がれている。

日本国際ヒーリングピアノ協会・日本人男性ピアニスト2名(橋本翔太・oyakata)によるユニットZen Piano Monksが奏でる「禅」の世界観とピアノが融合したゼンピアノは世界中の禅愛好者、ヨガやメディテーショントレーナー、ヒーラー、呼吸やリラックスを研究している様々な立ち位置のファンから、注目を集めている。

日本語サイト
zen-piano.com/jp/index.html

*******

It is Zen Piano Monks’ original brand of piano music incorporating the ideas, style and world view of Zen,
a philosophy that is ingrained in them as Japanese.

Through the medium of the piano, they express harmony, atmosphere, spirit, the balance of mind, body
and soul – all deep-rooted in Japanese culture through its long history.

The evocative sounds of the piano will lead you into the world of Zen